セカンドライフの歩き方楽しみ方のTOPに戻る
「セカンドライフの歩き方楽しみ方」トップ >  セカンドライフとは > セカンドライフの運営会社リンデンラボ社とは。


セカンドライフの運営会社リンデンラボ社とは。



セカンドライフ(second life)は、アメリカ発のオンラインゲームでリンデンラボ社が運営しているバーチャルな世界のことです。

セカンドライフを運営しているリンデンラボ(Linden Lab)社は、1999年にアメリカカリフォルニア州サンフランシスコで創業し、セカンドライフのサービスを2003年6月開始しました。

セカンドライフの初期当時の面積は16エーカー程でしたが、現在はマンハッタンの3倍以上の広さになっています。

通常オンラインゲームと呼ばれることが多いと思いますが、リンデンラボでは「World」と呼んでいます。

セカンドライフでは、自分で作成した、分身であるキャラクターを自在に操作して仮想世界で「第二の人生」が送れるオンラインゲームになっています。

セカンドライフでは、他に参加している方たちとのコミュニケーションが取れるのはもちろんのですが、お買い物や、会社を起業してお金を稼ぐこともできます。

セカンドライフでは、販促効果に目をつけた現実の大手企業が新たな宣伝活動を行い、効果の可能性を探っています。

セカンドライフの参加者は1000万人を越えています。
セカンドライフ内での通貨は「リンデンドル」といいます。1日100万ドル近い流通量があり、現実のお金に換金もできます。

セカンドライフは現実と仮想空間が入り混じっているような独特の世界が特徴です。

セカンドライフは、ユーザーの手によって世界が作り上げられているため、ゲームというよりはシミュレーターという感覚のほうが近いかもしれません。

アメリカでは、現在では不動産売買仲介、服飾デザインなどで年間10万-20万ドルも稼ぐ人がいるほどです。

関連コンテンツ

セカンドライフでのリンデンドルとは。

セカンドライフの世界には、リンデンドルという通貨があります。 リンデンドルという通貨で、土地を買ったり、服を買ったり、アトラクションを楽しんだりすることができます。 リンデンド・・・

セカンドライフとMMORPGの違い。

セカンドライフは、オンライン上で仮想世界を共有してコミュニケーションを図るという点でMMORPGともよく似ていますが、大きな違いがあります。 セカンドライフには、他のオンラインゲームと違・・・

セカンドライフでカジノが全面的に禁止です。

セカンドライフ内で行われているバーチャルカジノがついに禁止になりました。 なんと論議やFBIの調査で決められたようです。 セカンドライフ内で07年4月からカジノを宣伝する行為が禁止にな・・・

セカンドライフはオンラインゲームなのか。

セカンドライフは、一般のオンラインゲーム(MMO)の種類に属しますが、通常のRPGとは違います。 通常のRPGは、シナリオが存在していて、シナリオの中でプレイを進めていきます。 セ・・・

セカンドライフは、なぜSNSとして注目されるのか。

セカンドライフのソーシャルネットワーキングサービスということですが、21世紀の孤独社会で暮らす人々が多い中で、コミュニケーション不足の欲求を満たすのはmixiみたいなソーシャルネットワーキング・・・

セカンドライフとは

セカンドライフとは、欧米で急成長しているインターネット上の3Dの仮想世界ですので、インターネット上の世界に自分の分身アバターを作り、仮想世界を冒険したり人との交流を楽しむことができます。 ・・・