セカンドライフの歩き方楽しみ方のTOPに戻る


セカンドライフのたのしみ方。



セカンドライフは、テレビや雑誌などで目にすることも多いと思いますが、セカンドライフは、定年後に迎える第二の人生ということではなく、3Dで表現された仮想世界で現実とは違う生活を楽しむというインターネット上のオンラインサービスなのです。

セカンドライフは、日本語版が公開されていますので、これからますます盛り上がっていくのではないかと思います。

セカンドライフの発祥は、アメリカでリンデンラボ社で、アメリカでは2003年6月からサービスを提供しています。サービスの開始した当初は、約250人ほどでしたが、2007年12月には利用している人が全世界で1000万人を突破してしまいました。

セカンドライフは、ユーザーが自分の分身であるアバターを操作したり、バージョンアップさせたり、セカンドライフ内で生活やコミュニケーション、仕事、趣味など楽しむことができます。

セカンドライフ内には、無料のアカウントと有料のアカウントがあります。

セカンドライフを無料で利用できるサービスがベーシックアカウントです。
セカンドライフの有料アカウントは、月額料金を支払う形のもので、プレミアムアカウントというものです。

セカンドライフ内では、利用するサービスによっては、有料のアカウントが必要な場合もあるのですが、無料アカウントのままでも充分に楽しむことができますので、どうしても有料のアカウントが必要になるまでは、無料アカウントで楽しむのがよいです。

セカンドライフでは、リンデンドルというセカンドライフ内での通貨が必要ですが、これは現実世界の通過で購入したり、実際にセカンドライフ内で稼いだりすることで入手できます。

関連コンテンツ

googleLivelyをインストールして楽しむ

セカンドライフの新しい楽しみ方の一つに10月にロンドンでの「Virtual Worlds London」で紹介されたGoogleのLivelyです。 まだ、Livelyについては他の仮想空間サービス・・・

セカンドライフでの土地の購入して楽しむ。

セカンドライフでは、冒険をすること自体は自由なのですが、建物を建てたり、ビジネスを展開させたりするためには拠点となる土地を持つ必要があります。 セカンドライフには「メインランド」と「プラ・・・

セカンドライフでの拠点デジタルハリウッドをたのしむ。

セカンドライフ内にデジタルハリウッドの拠点を作る、デジハリの大学院生・大学生・スクール生の有志によって「デジハリ・ランド」を創るプロジェクトが進んでいます。 デジタルハリウッドラウンドは・・・

セカンドライフのたのしい遊び方。

セカンドライフの楽しい遊び方ですが、基本的には既存のオンラインゲームとは異なっていてシナリオやゴール、目的などがありません。 セカンドライフでは、自分の自由にさまざまな場所へ行き来したり・・・

セカンドライフを楽しむナビ。

セカンドライフとは、雑誌やTVでも注目されている3D仮想世界のオンラインゲームの一種です。オンラインゲームは無料のものが多いし、ゲームの種類も多様にありますが、セカンドライフは、第二の仮想世界・・・

セカンドライフでアダルトライフを楽しみ方。

セカンドライフでアダルトライフということですが、現在のインターネット上にもアダルトコンテンツというものがありますが、現在全世界で約1000万人が参加していると言われている仮想世界のセカンドライ・・・

セカンドライフで人生ゲームを楽しむ。

セカンドライフという仮想空間で人生ゲームを徹底的に攻略してみます。 セカンドライフ内で、プロで初のリバプール・フィレの演奏会が07年9月に行われました。 ロンドン8/14付けの A・・・

セカンドライフのメタバースのオンラインゲームの楽しみ方。

セカンドライフのような仮想世界のオンラインゲームのことを総称して「メタバース」と呼んでいます。 セカンドライフに参加している人が、ゲームの中の自分(アバター)の容姿(髪型、体系、服装など・・・

セカンドライフの日本語版の楽しみ方

セカンドライフは、仮想世界でのビジネスチャンスを始め、アメリカの多人数同時参加型「仮想世界」体験ロールプレイングゲームで、日本語版もリリースされています。 セカンドライフは、今までのオン・・・

セカンドライフのバーチャルな世界の楽しむ歩き方。

セカンドライフの歩き方が分からないという方にお話します。 セカンドライフの住人になったのですが、私はゲームというのには全く興味がありません。 セカンドライフ内で、不思議なバーチャル・・・

セカンドライフというオンラインゲームを楽しむ。

セカンドライフというバーチャルワールドは、3Dのオンラインスペースで、ユーザーの創造しだいで発展させていくことができます。 セカンドライフの世界は、ユーザーが想像できるあらゆるものを実現・・・