セカンドライフの歩き方楽しみ方のTOPに戻る


セカンドライフの企業の役立て方



セカンドライフの人口の増加に伴って大手企業がビジネスに乗り出してきています。

セカンドライフに参入している有名な企業は、トヨタや日産やデル、IBMなどがありますし、最近はmixiが参入してきて話題になりました。

セカンドライフ内で、日産が所有する島の中で、車の巨大な自動販売機があります。自動販売機ですので缶ジュースを買うように車の購入が出てきます。

セカンドライフ内で、トヨタが所有している土地では、車に試乗することができます。

セカンドライフ内でのショッピングは、ユーザーにとって生活の一部になっています。セカンドライフの世界ではどんな企業でも店舗を持つことができますが、ネットショップとは違った店舗経営が必要になっています。

セカンドライフをビジネスに役立てる場合は、特性をよく理解しておく必要があります。セカンドライフでは、物価が安いので現実の世界のように物販だけで利益を出すと言うことは難しいです。

セカンドライフで、企業が利用する目的は、利益ではなく「広告」として利用しているのが大半です。セカンドライフ内で商品を実際にアピールすることで、リアルビジネスで利益に繋げていく戦略です。

セカンドライフ内でのトヨタの試乗場のように、ユーザー参加型の広告場所を作ることも理想ですし、良いもの良い場所を作り上げてユーザーを集めることができるようになります。

セカンドライフを利用することで、現実では不可能だった商品アイテムが、セカンドライフでは可能となり、現実のサイトと連携させビジネスを発展させていくことも可能となっています。

関連コンテンツ

セカンドライフの中で日産アルティマを着ました。

セカンドライフ内には、さまざまな企業が島を作っています。そのひとつに「Nissan Altima Island」という島を日産がオープンさせました。 「Nissan Altima Islan・・・

セカンドライフに日本の企業が続々と進出してきています。

セカンドライフに日本企業が続々と進出してきて、仮想と現実を繋いで市場の相乗効果を狙った動きが活発になってきています。 セカンドライフ内で、渋谷の交差点の街頭テレビでロケをしたCMが流れま・・・

セカンドライフへのネットエイジの参入。

セカンドライフは、アメリカのリンデンラボ社が2007年3月28日に運営を開始した、仮想世界オンラインゲーム関連の事業に参画している日本企業がネットエイジグループを支援する事業を始めたのです。 ・・・

セカンドライフに美少女vistaたん登場です。

セカンドライフ内に先日、Windows Vistaを擬人化した美少女アバターの“Vistaたん”が登場してパフォーマンスを行っていました。 セカンドライフ内の美少女アバターの“Vista・・・